*

肘黒ずみは原因分析をして正しい対応方法で行おう

      2018/10/09

肘は、自分の目で直接見ることができても普段から視線に入る部分にはないため、手入れを怠ってしまいがちです。

他の人の肘黒ずみが気になったという経験がある人も多いものであり、自分の肘をチェックしてみれば思っていた以上に黒ずんでいて恥ずかしい思いをすることもあります。

肘黒ずみは、原因分析をしてから対応方法を考えてみるといいでしょう。

あなたのひじ黒ずみ原因は?

まずは、日常生活から原因分析をして見直してみることが必要になります。

肘に関わらず、体に黒ずみが発生してしまうということは皮膚にダメージを与えているということが一つの理由ともなります。

机に座った時に肘をついてしまいがちという人になれば、それによって皮膚が刺激を受けて肌が自分自身を守ろうとすることによって黒ずみに変化をすることになります。

肘をつくということは行儀がよいものではないとされており、しないように心掛けることも肘黒ずみの対応方法でもあります。

黒ずみが気になれば、きれいに洗おうと思ってゴシゴシと擦ってしまう人もいるものです。

余分な角質を取り除くためには肘の汚れを落とすことも大切なのですが、ナイロンタオルなど肌に刺激が強いものになれば逆効果となってしまうのです。

体を洗う時には泡立てた石鹸で優しく洗えば、これ以上の黒ずみ悪化を防ぐことができます。

すでに黒ずみとなってしまった肘には、スクラブ入りの石鹸も役立ちます。

古い角質をしっかりと落としてくれるのですが、その後にも肌の手入れが欠かせません。

クリームを塗ってたっぷりと保湿を促すことが重要であり、上からラップを当てるなど肌の奥までしっかりと浸透させるような工夫も必要です。

 - ブログ